wind B

wind B

持ち運びに便利なウインドブレーカーで運動がとっても楽になる

ウインドブレーカーは、寒い季節の運動にはマストアイテムです。体が充分に温まるまでは、寒さが運動の最大の障害になりがちです。ある程度、体を動かすと、体温が上昇していくため保温のためのウェアは必要なくなるのですが、体を動かし始めた時には暖かいウェアは非常に重要な役割を果たしているのです。そのため運動を続けていると、ウインドブレーカーは邪魔になってしまいます。そこで、如何にしてコンパクトに持ち運ぶことができるかが重要になってくるのです。極薄のナイロン素材を使用しているウインドブレーカーなら、重量は100グラムを切っています。軽量なのでトレーニングウェアのポケットに入れておいても、邪魔になりません。マラソンなど体温調節が必要な競技には、脱いだり着たりすることができるウェアがあると、いろいろな気象条件に順応できるようになるので、一着は持っておいて損はありません。軽い雨なら弾いてくれるので、天候の変化にも柔軟に対応できます。

運動時にウインドブレーカーを着る理由

スポーツ選手がハーフタイム等で休憩している時にウインドブレーカーを着ていることがあります。また、ランニングをしている場合や室内でトレーニングをしている時でも着ている場合があります。もともとは、体内への風、つまり外気の侵入を防ぐというのがこの服の目的であり語源なのですが、それとは関係なくスポーツをしている時に使用される場合が多いです。その理由は、体の温度の上昇を促したり、下降を防止する効果があるからです。運動をする場合には、体温を維持することが大事な場合があります。特に冬に屋外で運動をするときなどはこれを着ると効果的です。また、ウォーミングアップなど体温を上昇させ試合に必要な体の状態を作る場合にも効果があります。もちろん、プライベートでの外出の際のアウターとして使用する方法もありますが、スポーツをする場合の効能が非常に大きく、その点に着目してアスリート等の運動選手や一般人のトレーニングなどで活用されることが多くなったのです。


PAGE TOP


PAGE TOP

COPYRIGHT(C) wind B ALL RIGHT RESERVED